誠ブログは2015年4月6日に「オルタナティブ・ブログ」になりました。
各ブロガーの新規エントリーは「オルタナティブ・ブログ」でご覧ください。

ソーシャルメディアで共有すべきでない5つ

»2013年10月 3日
マーケターの失敗録(T_T)

ソーシャルメディアで共有すべきでない5つ

瀬戸 和信

瀬戸和信(KAZUNOBU SETO)テクノロジーマーケティング専門家。

当ブログ「マーケターの失敗録(T_T)」は、2015年4月6日から新しいURL「​http://blogs.itmedia.co.jp/kazunobuseto/」 に移動しました。引き続きご愛読ください。


中毒性あるフェイスブックやラインなどのソーシャルメディアでは普段共有しないことを共有してしまうことがあります。

問題はそれが誰に見られているか分からないことです。"95%の確率で匿名から個人を特定できる" 時代、強力なコミュニケーション道具として利用し続けるには、利用者にとっての負の面を知っておかないといけません。ソーシャルメディアで共有すべきでない5つを考えてみました。
 
1.現在の居場所
旅の高まる気持ちから空港でチェックインしている人は多いんじゃないでしょうか? "成田空港も109位" にランクインしてます。

問題は多くの人に今自宅に居ないとお知らせしてしまってることです。『5日間のハワイ旅行はじまるぜ!』、なんて期間まで知らせようものなら、具体的に何日までは帰ってこないと他人も知ることになります。人によってはプロフィールに住所まで記載しているものも見たりします。空巣できます、の信号をお知らせしてはいけません。

現在の居場所を不必要に共有しているか診断するサービス(Please Rob Me)もあるくらい、だれもが犯してしまう過ちです。

2.誕生日おめでとうメッセージ
知っている人が誕生日だと『おめでとう!』と祝いたくなるのが人情です。両親がこの世に命を与えてくれた日だから、今日、生まれてきて良かったと両親に感謝し、おめでとうと祝ってくれる友達に感謝したくなります。

問題は生年月日の情報は個人を特定する重要な要素の1つであるということです。氏名、電話番号、住所などと紐付けされる可能性が高まるということです。どうしてもおめでとうと祝いたい人は、西暦が判別できるような発言は避けましょう。

3.自分の携帯番号
世の中いい人ばかりではありません。マナーを知らない人もいます。ソーシャルメディアを商売道具としている人たちがいます。決して自分の連絡先をプロフィールやタイムラインに共有してはいけません。

先月末 "フェイスブック4万人ユーザー情報を政府に開示" というニュースがありました。世の7割以上の企業のマーケターはソーシャルメディアを利用したキャンペーンを考えています。コミュニケーション道具のソーシャルメディアは政府にとっても、企業のマーケターにとっても魅力的なのです。

4. 上司の悪口
『この会社は最悪だ。いっそうのことクビにでもならないかな...』とソーシャルメディアで共有したら、実際にクビになった人がいます。"Woman who asked to get fired on Facebook gets her wish (訳:ソーシャルメディアは現実世界に影響する)

『私の人生の中で最も強力な台詞だった』と印象的な言葉をのこしています。不愉快なことがあっても、上司の悪口を言うのは控えましょう。

5.子どもの名前
命に変えても守りたい子どもたちの情報は慎重に取り扱うべきです。これから生まれてくる赤ちゃんも同様です。『本日、2013年10月3日18:00 3300gの元気な(あなたの赤ちゃんの名前)が誕生しました!』と人生で最大の感動を瞬時に友達へ共有できることは嬉しいことです。その報告を受けた友達も、おすそわけしてもらった気分になり感動できます。

問題は子どもの名前、生年月日を他人へ知らせることです。私の友達A氏がソーシャルメディアでこれから生まれてくる子どもの名前の候補を共有しました。数ヵ月後、A氏の気にいっていた名前が、なんと友達のペットの名前となってタイムラインに現れました。もちろん、誰が真似をしたなどという議論はできません。

子どもの名前を公共の場で共有してはいけません。生まれる前も、生まれた後も。最悪、ペットの名前されるかもしれません。限られた人と会話できるサービス(Path or MakaMaka)がでてくるわけです。

如何でしょうか?何か追加することあればぜひ共有してください。