誠ブログは2015年4月6日に「オルタナティブ・ブログ」になりました。
各ブロガーの新規エントリーは「オルタナティブ・ブログ」でご覧ください。

日系地球人にならなきゃ。

»2011年10月22日
マーケターの失敗録(T_T)

日系地球人にならなきゃ。

瀬戸 和信

瀬戸和信(KAZUNOBU SETO)テクノロジーマーケティング専門家。

当ブログ「マーケターの失敗録(T_T)」は、2015年4月6日から新しいURL「​http://blogs.itmedia.co.jp/kazunobuseto/」 に移動しました。引き続きご愛読ください。


日本市場の要求に合った製品を提供するために、外資系企業の担当者は日々、海の向こうにいるまったく異質な人たちとやりとりをしてます。

しかし、言語の変換、名目上のあらゆる助成金、アフターサービス等々、必要最低限のローカライズを理解してもらい、日本でそれを実行することは並大抵のことではありません。人によってはあまりの理不尽な態度に、過剰なストレスを抱えることも珍しくありません。

これは、よく外資系企業で見られる海外本社と日本とのやりとりを描いた胸痛む物語です。きっと元気がでるかと思い、ご紹介しておきます。

"でもね、よくよく考えてみると、彼らの言うことがあながち間違っているとは言えないんですよ。世界にはいろいろな価値観がありますでしょ。彼らだって、我々を奇妙に思っているんでしょうから。いよいよ国際化時代になると、我々はこれまでの日本人じゃだめなんですよ。日系地球人にならなきゃならないんですよ、きっと。" (※斉藤由多加氏の林檎の樹の下でより)

 

滝川精一.png

 

キャノン販売、当時の社長滝川氏がアップルジャパンの初代社長福島氏へ放った感動の台詞です。海外本社と顧客の間で葛藤する姿が鮮明に想像でき、胸が痛みます。又、この台詞、外資系で日本の顧客のためにがんばるビジネスパーソンを応援しますって感じに聞こえました。

PCは販売した後も、顧客の要求に応じて、販売前のプロセスをローカライズする必要があります。アップルⅡが日本で発表された1980年代当時は、PCは個人用電算機と報道され、まだPCという言葉すら浸透していなかったので驚きです。

現在は、当たりまえに使用しているPCも、30年も前に明確なコンセプトを描いていたのがアップルでした。これは誰もが知る有名な台詞です。今一度ここでご紹介します。

"パーソナルコンピュータというのは、人間の思考の自転車 (Wheels for Mind) だというわけだ。つまり、個人が不得意とすることを我々の製品が肩代わりすることで、本来その人にとって困難だったことを可能にしようというわけだ。 (中略) 我々が作ろうとしている製品は、日本のメーカーが作っているような計算機ではない。思考のための道具なのだ " (※斉藤由多加氏の林檎の樹の下でより)

マーケティング調査で "PCがなくなると困る" と答えたビジネスパーソンは98%にも及びます。 "パソコン時代の終焉"  と題された雑誌を昔よく目にしましたが、世界のPC市場は、今もなお拡大し続けています (出荷台数は前年同期比で3.2%増 By Gartner)

スティーブジョブスの死によって、今後さらに書籍や映画を通して、闇に隠れていた多くのPC伝説がクローズアップされることでしょう。