誠ブログは2015年4月6日に「オルタナティブ・ブログ」になりました。
各ブロガーの新規エントリーは「オルタナティブ・ブログ」でご覧ください。

7つの習慣の著者、スティーブン・コヴィー博士死去。

7つの習慣の著者、スティーブン・コヴィー博士死去。

瀬戸 和信

瀬戸和信(KAZUNOBU SETO)テクノロジーマーケティング専門家。

当ブログ「マーケターの失敗録(T_T)」は、2015年4月6日から新しいURL「​http://blogs.itmedia.co.jp/kazunobuseto/」 に移動しました。引き続きご愛読ください。


2012年7月16日 "7つの習慣" の著者、スティーブン・コヴィー博士が享年79歳で亡くなられたとネットで知りました。

ワタシは6年前、スティーブン・コヴィー博士の研修をフランクリンコヴィージャパン社竹村さんより受けました。たった1日でしたが、思考を管理する良い訓練となったのを今でも覚えています。

結局、スティーブン・コヴィー博士に直接お会いすることはできませんでしたが、本とビデオ、竹村さんを通し、ワタシの人生に最も大きな影響を与えてくれました。

もし、この本に出会っていなかったら、ワタシの人生はどうなっていたことか分かりません。

きっと今よりもっと自分に制限をかけていたんじゃないかと思います。スティーブン・コヴィー博士に心から感謝の気持ちを伝えたいと思います。ありがとうございました。

 

 

SC.jpg

 

 

昨年のスティーブ・ジョブスの死は世界中を一気に駆け巡りました。反射的に "え!?" と叫びました。スティーブン・コヴィー博士の死も同じ反応でした。

当然、ワタシはお二方とも直接交流なんてありません。まったくの赤の他人です。でも、その赤の他人でさえ、何かを感じられずにはいられなくなりました。

一体ワタシが死ぬ時はどうなんだろう?

ワタシは映画 "The Notebook" のような最後が好きです。でも、世界の人にワタシという人間を少しでも考えてもらいたい欲求もあったりします...てなことを感じながら、もう一度七つの習慣を読み返してみたいと思います。

記憶力に優れた優秀なコンピュータと違い、数年後にはワタシの記憶の奥底に行ってしまう前に、こうやってブログしておきます。

スティーブン・コヴィー博士、安らかにお眠りください。

フランクリンコヴィージャパン社が、コヴィー博士への追悼メッセージを受け付けています。こちら。