誠ブログは2015年4月6日に「オルタナティブ・ブログ」になりました。
各ブロガーの新規エントリーは「オルタナティブ・ブログ」でご覧ください。

KBG総選挙!No.1看板ガールは誰だ?

»2012年10月24日
マーケターの失敗録(T_T)

KBG総選挙!No.1看板ガールは誰だ?

瀬戸 和信

瀬戸和信(KAZUNOBU SETO)テクノロジーマーケティング専門家。

当ブログ「マーケターの失敗録(T_T)」は、2015年4月6日から新しいURL「​http://blogs.itmedia.co.jp/kazunobuseto/」 に移動しました。引き続きご愛読ください。


企業の看板ガール総選挙、という面白い企画がワタシの地元金沢で開催中です (詳細はこちらより

ワタシはエントリー#15、林美里さんに投票しました。身近な存在であればあるほど、この手の選挙は感情が入るものです。

ここからは勝手な林美里像をお話します。人の記憶は実に曖昧ですが、今回の企画を通して、ちょっと昔のことを思い出す機会となりました。

彼女とは、かつて同じ会社、同じ部署、そして隣に座っていました。

新卒で入社した彼女は、パソコンを組み立てる、というなんとも面白くない研修から社会人生活が始まりました。

可愛いモノに興味があるのに、パソコン周辺機器という冷たい印象を持つ商品を販売することを命じられました。

人より詳しくなくてはならない秋葉原集団と対等に会話する必要がありました。

彼女はがんばって色々と企画しました。なぜ人はこの商品を買う必要があるのか?どうすれば注目してもらえるのか?どう表現すれば、この商品が必要だと動機づけできるのか?

女性なりの観点で色々とアイデアが出てきました (詳細はまったく覚えていませんが)

頭の固い上司へ説得を試みました。でも、理解してもらえませんでした。

中には新卒の女の子が考えることなんて、とバカにする人もいました。

女の子、と聞くと、お茶くみ、晩酌、受付などと平気で言う (浮ぶ) 人もいました。

それでも人一倍負けん気の強い彼女は、がんばって一生懸命に考えました。

なぜ人はこの商品を買う必要があるのか?どうすれば注目してもらえるのか?どう表現すれば、この商品が必要だと動機づけできるのか?

あれから10年が経ちました。

彼女は今、持ち前の笑顔と毒舌を武器に、広報宣伝という立場にいます。

その小さい体を有利に活用できるマラソンを通じて、自らがメッセンジャーとなっています。

彼女は素敵な看板ガールになっていました。たくさん選択肢があったにも関わらず、この道を選びました。製品を知ってもらうための1つの方法として。

自分のことが嫌いと思っている人が多い中、自分のことが好きになれる能力をもっている彼女だからこそ、できることです。

エントリー#15、林美里さんの投票はこちら

いくら思いがこもっていても、1票は1票なのが残念ですが、ワタシの1票は投じました。さて、皆さんの1票は誰でしょうか?

彼女とはもう何年も会っていませんが、かつて価値を共有した仲間が身近に感じれた瞬間でした。改め、ネットの力に感謝です。

ネットを通して知り合った素晴らしい方もいらっしゃいます。でも、一度築いた仲間はネットを通じて何度でも蘇ることができるんですね。

ネットは仲間の友情を強化させる力をもってます。