誠ブログは2015年4月6日に「オルタナティブ・ブログ」になりました。
各ブロガーの新規エントリーは「オルタナティブ・ブログ」でご覧ください。

買い物するときのシンプルな意思決定原則 - マーケティング視点

買い物するときのシンプルな意思決定原則 - マーケティング視点

瀬戸 和信

瀬戸和信(KAZUNOBU SETO)テクノロジーマーケティング専門家。

当ブログ「マーケターの失敗録(T_T)」は、2015年4月6日から新しいURL「​http://blogs.itmedia.co.jp/kazunobuseto/」 に移動しました。引き続きご愛読ください。


広告文句を信じている消費者はわずか6%しか存在しません (フォレスター社2009年) 94%の消費者は広告を信用していません。

なぜ企業は信用されない広告をやり続けるのか?

なぜなら、消費者は知っているブランドを選ぶ確率が高いからです。

私は元ラガーマンでラグビーが好きです。嫁にラグビーの試合を無理やり見せていたときでした。

私: オールブラックスとスプリングボックスどっちが勝つかな?
嫁: う~ん、分からんけど、オールブラックス。
私: なんでそう思うん?
嫁: スプリングボックス知らんし。

選択した理由は、スプリングボックスは知らず、オールブラックスは知っていたから。つまり、その分野に詳しくない人は、聞き覚えがあるモノのほうを、知らないモノよりも選択しやすいのです。


medium_5331407245.jpg

私はたまに人から "タブレット買いたいけど、何を買えばいいのか?" と相談されます。そんなときは、個人の考えは出さないように、出来るだけシンプルな原則でお伝えしています。

"○○さんがよく知るブランドがいいじゃないでしょうか?" 又は "よく知るブランドの旧モデルをご検討されてはいかがでしょうか?"  と。

個人が買い物するときのシンプルな意思決定原則です。

1.ブランド認識できるか否かによって選択範囲を絞る
2.技術水準が高いモノは旧モデルを選択する

いかがでしょうか?

個人の買い物は好み、感情が優先されるので、できるだけ迷いを少なくする原則があると便利です。拘りある人を除き。

多忙な日々をおくっている人に喜んでもらえます。そんな人は、専門誌や比較サイトを見て調べる時間を惜しんでいます。

特にタブレットやスマホのように、技術水準が高いモノは、性能の違いを体感しづらいです。別に旧モデルであっても、個人に必要な需要は満たしています。

メーカーは時に、無くても別に困らない技術でモデルチェンジを繰り返します。市場を守るために、消費者の驚きが少ないのは承知で、必要以上の機能を追加し、多くの広告を打つのです。

なぜなら、その分野に詳しくない人は、聞き覚えがあるモノのほうが、知らないモノよりも選択しやすから。

photo credit:http://www.flickr.com/photos/lori_greig/5331407245/