誠ブログは2015年4月6日に「オルタナティブ・ブログ」になりました。
各ブロガーの新規エントリーは「オルタナティブ・ブログ」でご覧ください。

新社会人の皆さんにおすすめなとっても簡単にモチベーションを上げる方法

新社会人の皆さんにおすすめなとっても簡単にモチベーションを上げる方法

吉田 憲吾

2010年より日本ヒューレット・パッカード(HP)株式会社でStorage Salesを担当。2006年より坂本SCで小学生にサッカーを教えている。日本サッカー協会公認指導者ライセンスC級(サッカー、フットサル)取得。TOEIC850点。主なブログ:『営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ』『小学生のためのサッカートレーニングメニュー』

当ブログ「営業マンの、営業マンによる、営業マンのためのブログ」は、2015年4月6日から新しいURL「​http://blogs.itmedia.co.jp/kengoyoshida/」 に移動しました。引き続きご愛読ください。


新社会人になった方々はこれから多くの試練が待ち構えているだろう。これは決して脅しているわけではない。楽しいこともあれば辛いこともあるのが人生であり、また新しい環境に飛び込んだ当初は慣れないことも多く、辛いと感じることのほうが多いと思う。


私自身もそうであった。新入社員で配属された当初は何をやってよいのか分からず、終始緊張してばかり。お客様の前に行っても全く会話についていくことができず、何がわからないのかわからない状態。もちろん先輩社員が優しく教えてくれることもあったが、それでも日々の生活は辛いことのほうが多かった気がする。


そんなときあなただったらどうするだろうか?これは人によって対処の方法が異なると思う。日々のストレスを飲み会やスポーツで発散する人もいるかもしれない。もしくは自己啓発本などを読んでモチベーションを上げる人もいるかもしれない。もしかしたらこれといった対処をせず、ただ流れに身を任せる人もいるかもしれない。


私が新入社員のころから続けていることが一つある。それは名言や気に入った文章を手帳に書き写すということである。私は本を読むことが好きなので、たびたび心に響く名言や文章に出会う。それを手帳に書き写すことで、何か辛いことがあったときにそれを見返すのである。そうするとググッとモチベーションが上がってくる。


例えば最近書き写した名言は以下の文章である。


「人生前半の30年は人が習慣を作る。人生後半の30年は習慣が人を作る」
ヒンドゥー教の格言

「洗練を突きつめると簡潔になる」
レオナルド・ダ・ビンチ

「社会は人のためにあるのであり、人が社会のためにあるのではない」
小飼弾

「一生は短い。他人の人生を生きるような無駄はよせ」
スティーブ・ジョブズ

「大衆などというものは存在しない。人間をマスとして見る見方があるだけだ」
レイモンド・ウィリアムズ

「人間の思考と発明以上に、その人の所有物と言えるものはない」
ジョン・デニス

「もし誰にも知られたくないと思うなら、最初からしなければいい」
エリック・シュミット

「透明性はその人が持つ権力に比例しなくてはいけない」
ジュリアン・アサーンジ

「創造は抵抗であり、抵抗は創造である」
ステファン・エセル

「リーダーになる前は、成功とはあなた自身が成長することだった。ところが、リーダーになった途端、成功とは他人を成長させることになる」
ジャック・ウェルチ

「言葉は人を感動させるが、模範たりうる者は、人を熱狂させる」
クラマー

「私は、間違った指導法の下で育てられた。あなたたちもそうでしょう。未来の子供たちには、それを引き継がないように。新しい理論に基づいて指導をしてあげてください」
ミゲル・ロドリゴ

「暴力そのものより暴力的なのは、暴力がどのようにしてその対象を選別しているか、その基準が等の被害者にはついに知られないという事実のほうである」
内田樹

「才能だけで一度はゲームに勝利することはできるかもしれない。しかし、勝ち続けるにはキャラクター(人格)が求められる」
ジョン・ウッデン

「試合に勝てば選手たちの勝利。試合に負けたときは我々の敗北である」
ジェラール・ウリエ

「私は常に自分自身に疑問を投げかけている。何か新しい方法は、さらに向上させる方法はないだろうかと」
ラファエル・ベニテス

「勝つために必要なことは、勝ち取ったものを忘れることだ。手に入れられたものはすべて、過去のものにすぎない。常に渇望し、絶対に満足しない。それが私のシークレットだ」
ジョゼ・モウリーニョ

「小説家とは問題を解決する人間ではない。問題を提起する人間である」
チェーホフ


今この名言をタイプしたこの瞬間にもモチベーションがぐっと上がった気がする。これから試練を迎える新社会人諸君にはおすすめの方法である。


小学生のためのサッカートレーニングメニュー
kengoyoshidaのバインダー
kengo yoshida - Japan | LinkedIn